安心・安全の美味しい国産チーズを生産者の想いと共にお客様にお届けします

安心・安全の美味しい国産チーズを生産者の想いと共にお客様にお届けします

アクセス

2017年 百貨店物産展参加のお知らせ


8月30日(水) ~9月4日(月) 銀座三越(7階)北海道展
9月6日(水) ~9月11日(月) 立川伊勢丹(7階)北海道展
9月13日(水) ~9月20日(水) たまプラーザ東急(3階)北海道展
9月20日(水) ~9月26日(火) 銀座松屋(B1)北海道フェア
10月4日(水) ~10月17日(火) 池袋西武(7F)北海道展
10月5日(木) ~10月10日(火) 新宿伊勢丹(B1)(FOOD COLLECTION)
10月11日(水) ~10月16日(火) 日本橋高島屋(8F)北海道展

物産展でのお勧めチーズ情報

2017/8/12

銀座三越の「北海道物産展」が8月30日からスタートします。 2010年9月のリニューアル後、初となる北海道物産展で、三越さんとしても ≪銀座らしい北海道展≫を作り上げようとご担当の皆様一丸で頑張っていらっしゃるようです。 弊社もその思いにお応えすべく今まで出していなかったチーズ、希少価値のチーズをご紹介します。
目玉商品は、2年に1度の「JAPAN CHEESE AWARD2016」でグランプリを受賞した「ハッピネス デーリィ」さんの「森のカムイ」 パルミジャーノレッジャーノの製法で、十勝・池田町の嶋木さんが牛を飼い作っているハードチーズで100個限定で販売します。 製造数が少ない上に需要が多く、極めて入手困難なチーズです。 是非、この機会に!
その他、弊社の為だけに製造して下さっている「さらべつチーズ工房」の「ミモレット」。オホーツクおこっぺ町の「ノースプレインファーム」さんでは有機生乳、有機バジルを使用した「有機バジルチーズ」も特別製造いただきました。

また旬となりお勧めのシェーブル「十勝・シェーブル・炭」(ランラン・ファーム)、 定評のある「シントコ」(共働学舎新得農場)、大人気の「雪花」(ニセコチーズ工房)もご用意しています。 ご試食いただき、説明を聞いていただき、お客様好みのチーズをみつけていただければとても嬉しく思います♪
NEW








2017/7/8

8月2日から池袋西武の「IKESEI菓子博~真夏のスイーツパラダイス」に出店します。テーマに合う何か甘いチーズはないかな~と探しており「パインテールファーム」さんの「シュクレ」に辿りつきました。

「パインテールファーム」さんは長崎県島原半島の小浜(おばま)駅の海沿いを更に林の中に入り車で約15分ほどのところにあります。 オーナーの松尾さんご夫妻は、牛を飼いながら搾りたてのミルクでチーズを製造するフェルミエさん。
松尾さんが大切に育てる牛さんたちの表情もオーナーさん同様、優しく穏やか。 。

驚くことに、全てのチーズはマニュアルにとらわれず独自の製法でチーズを作っているそうです。 「シュクレ」はヨーグルトの乳酸菌とチーズの乳酸菌を使用しているそうで、甘いドライトマトとマンゴがトッピングされています。 可愛らしい外観のチーズです。焼いたパンやクラッカーに塗って食べると最高に美味しいです!

「菓子博」では80個限定で販売予定です。現在、長崎の工房以外の場所での販売はないそうです。乞うご期待!








2017/6/14

6月14日(水)から銀座三越地下2階「グローバルメッセージ」のコーナーでイベントスタート!

今回はオホーツク傍の町、おこっぺ町にある「冨田ファーム」の話題の「ジャパンブルーおこっぺ」を各日30個限定で販売。大人気のブルーチーズです。 黄色に青かびの美しい色が特徴。こちらは本州での販売は今のところ弊社だけです。 お客様からは「甘口ワインとぴったりだった」「クリームを入れてパスタにしたら とても美味しかった!」等、リピートで買いにいらっしゃるお客様も増えています。

また「共働学舎新得農場」から「シントコ」を50個用意しています。 放牧で自由に青草を食べたブラウンスイス牛の上質なミルクを使って います。10か月以上熟成のチーズ。旨みが違います! 現在、JAL国際線ファーストクラスでも提供されているチーズです。
又、さらべつチーズ工房の野矢さんが、弊社の為に特別に製造して下さるミモレットも限定50で販売します。

6月18日(日)は父の日!チーズ好きのお父さまへのプレゼントに 手作りのナチュラルチーズはいかがでしょう。 「どのようなワインに合うの?」の質問も大歓迎。 さあ、銀座に!6月20日(火)まで開催です。




2017/5/22
5月23日(火)から池袋西武 7F催事場で「にっぽん いい酒 いい肴」のイベントがスタート。弊社も参加させていただきます。(下線部をクリックすると百貨店案内ページ用別windowが開きます。)

約半年前の「日本酒CAFE」のイベントでもお酒に合うおつまみとして国産チーズを販売させていただきました。
お客様は、出店酒蔵の皆様とお話をしたり試飲したり、中には顔を赤くしながら陽気にお買い物をする方も。とても楽しい雰囲気のHAPPYなイベントでした。
弊社のチーズを試食され「チーズがこんなに日本酒に合うとは!」と驚かれたお客様がたくさんいらっしゃいました。 蔵元さん、お客様からも1番人気だったのが「さらべつチーズ工房」の「酪佳」でした。コクと旨みの熟成チーズはどのタイプの日本酒にも合うと大好評!

今回のイベントでは、「酪佳」等先回人気のあったチーズに加え「ジャパンブルーおこっぺ」「オレンジラクト(不知火)」など日本酒にお勧めの新たなチーズをご用意しております。
またイートインコーナーでも弊社のチーズをお召し上がりいただけます。 会場でお待ちしております!









2017/4/15

2週間続いた池袋西武での北海道展が終了しました。多くのお客様にご来店いただき、ありがとうございました。

会期中に何度もいらして下さったお客様、(筑波西武が2月で閉店になりましたが)筑波からお越し下さった方もいらして感激でした! 「これからもフロマージュ・ドールさんの追っかけしますからね!」との言葉は励みになります。
工房の製造者さんが高品質なチーズを供給して下さるからこそ、またデパートさんが場を提供して下さるからこそ、そして お客様がご購入下さるからこそと、皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも美味しいチーズをセレクトし、説明力を強化し一層喜んでいただけるよう努めてまいります。

次回は「日本橋高島屋」さんでの地下催事「デリシャスフェア」(4月26日(水)~)です。初登場のチーズも用意しております。 今後もよろしくお願いいたします。









2017/3/29

3月30日から池袋西武「春の北海道 うまいもの会」がスタートします。(~4月12日まで。)

この度の目玉商品は、十勝・清水町の「ランラン・ファーム チーズ工房」の斉藤真さんが作るシェーブル(山羊チーズ)。 100gサイズの「十勝シェーブル・炭」、30gサイズの「プチ!!十勝シェーブル・炭」を販売します。
春は山羊さんの出産ラッシュ。これから秋にかけてシェーブルが店頭に並びます。冬の間も「シェーブルないの?」のお問い合わせがたくさん。首をなが~くしてお待ちになったお客様!いよいよです。ただ、熟成に少々時間を要しており、店頭には4月1日に 並びます。山羊ならではの酸味と口どけ感、濃厚な味わいを是非お楽しみ下さい。今回のシェーブルはとても出来が良い、と斉藤さんの言葉もあります。お花見をしながらシャンパンや白ワインに合わせてみてはいかが?辛口の純米酒にもぴったり。

また斉藤さんが牛のミルクから作る大人気の「北海道No.1なが~いチーズ」(さいて食べるタイプ)も入荷します。お子様人気N0.1ですが、チーズ通、ワイン通をもうならせるミルクの味のしっかりした歯ごたえのある1本1本手作りの希少なチーズです。
宝石のように美しいチーズ「雪花」は1日15個限定です。 販売品については、デパート名をクリックしていただけると詳細がわかります。 皆様とお会いできるのを楽しみにしています♪








3月15日から新宿伊勢丹北海道物産展がスタートします。今回は、入手困難な魅力的なチーズをたくさん用意しています。

まず、おなじみ「さらべつチーズ工房」さんからは1年以上熟成の「ミモレット」を100個限定で販売します。「ミモレット」は定番商品ではなく、弊社の為だけに特別に製造していただいている超レア商品。昨年の北海道物産展では1番人気の商品でした。 また江別市の「米村牧場」さんからは「フロマージュ(内藤とうがらし入り)」を2玉カットして納品いただきます。ピリ辛の青唐辛子入りのゴーダタイプのチーズはビールや焼酎や日本酒にぴったりです。江戸の新宿を由来とする「内藤唐辛子」自体が現在、日本でも数件しか栽培していない入手困難なものです。

また、通好みの驚くほどおいしいブルーが新登場!「冨田ファーム」さんの「ジャパンブルーおこっぺ」をご紹介します。本州の他店での販売は今のところないということで、是非試食にいらして下さい。2年に1度の(昨年開催された)「JAPAN CHEESE AWARD」でも金賞を受賞した、ウニのような旨みのある濃厚なブルーチーズです。イギリスの「シュロプシャーブルー」というチーズをお手本にした黄色い生地のチーズです。
また広告掲載品の「ファットリア・ビオ北海道」の「ブッラータ」は各日10個「カチョカヴァッロ」は各日30個限定になります。
「ブッラータ」をお求めの方は是非お早めに!季節感感じられる「共働学舎」の「さくら」も入荷します。ちなみに販売品詳細は、デパート名の部分をクリックすると確認いただけます。

販売する私たちも今からワクワクしています♪








2017/01/24
1月21日から池袋西武で「CHOCOLATE PARADISE」がスタートしました!! 世界各国から人気のチョコレート店が大集合。チョコレートイベントとしては 関東1の売り上げを誇るそうです。(下線部をクリックすると別windowが開きます。)

弊社は「Fromage Dessert Bar」(フロマージュ・デセール・バー)というイートインコーナーにチーズをセレクト、提供しています。
チョコレート(カカオ)とチーズのマリアージュという試みです。

目玉商品は、「雪花」(ニセコチーズ工房)×「カカオサンパカ」のチョコのコラボ。1日40皿限定です。
午後早めに完売していますので、是非お早めに! スペインのカヴァや獺祭にごり酒スパークリング等と共にお楽しみいただけます。

「雪花」以外にも、十勝のセミハードチーズ又はクリームチーズとチョコのコラボもお勧めです。 尚、「フロマージュ・ドール」の店舗も隣で展開中。 チョコとチーズの出会い♪新たな発見ですね。お待ちしています。











2016/12/16
12月14日から「銀座三越」B2「グローバルメッセージ」のコーナー(エスカレーター降りてすぐ)にて【ウィークエンドパーティーピープル】と題した催事がスタートしました。弊社は初出店となります。
クリスマスのウキウキした感じをお客様の様子に感じながら 販売をするのは楽しいものです。 北海道はもとより、栃木県、熊本県のチーズもラインナップ に入れています。是非お越しください。
日本橋高島屋では B1にて「冬の北海道味紀行」も開催中です。


2016/11/12
池袋西武でのイベント「日本酒Cafe style」が11月10日に終了しました。日本酒好きのお客様で大賑わいでした。
弊社ではいつもと売れ筋が少々違っており、みそ漬けのチーズ等和風チーズが好評でした。 中でも栃木県那須の「あまたにチーズ工房」の「モッツァレラたまり漬け」が大人気。やや甘めの溜り醤油が日本酒にぴったりと2度の入荷が完売。

また蔵元さんたちも弊社ブースを覗いて下さいましたが、蔵元さんたちの一番人気は「さらべつチーズ工房」の「酪佳」(らくか)や「酪佳」を燻した「スモーク酪佳」でした。ある蔵元さんは「酪佳」試食をご自身のブースにお持ち下さり、「このチーズとこのお酒の 相性が最高ですよ!」とPR下さり、次々とお客様が「酪佳」を買いにいらして下さいました。ご協力ありがとうございました!笑。

皆様も是非日本酒×チーズをご家庭で楽しんでみてください!


2016/11/3
11月5日から池袋西武7F催事場で「日本酒 Cafe style」と題した、日本全国から話題の9蔵が登場するイベントがスタート(11月10日17時まで)
弊社は日本酒に合う洋肴としてチーズを販売します。
そもそも日本で育つ牛のミルクから日本の風土で製造されるナチュラルチーズ。合わない訳がありません。 また日本酒もチーズも発酵食品。お互いが旨みを引き立てます♪

中でも日本酒に合うチーズとしてお勧めしたいのが「二世古 椛【momiji】」ミモレットの1年以上熟成です。ニセコのもみじの赤を連想し製造者近藤さんが「椛【momiji 】」と名付けました。


また、群馬の老舗味噌漬け屋「たむらや」さんの味噌床で「半田ファーム」さんの手作りチーズを熟成させた「みそ床熟成 チーズのみそ漬け」もお勧め。日本酒との相性は抜群です。
日本酒好きのみなさ~ん、是非いらして下さい。



2016/8/23
明日(8/24)から新宿伊勢丹地下1階「フードコレクション」での催事がスタート。
今回のテーマは「夏の暑さに負けない食事をとろう~夏の発酵・スタミナ食特集~」弊社からは、保存食としても活躍しそうな「カチョカバロ ピッコロ」をフィーチャリングしていただきました。

賞味期限が最大6か月と日持ちするチーズで、フライパンでカリッと焼いてビールとあわせると最高です!てんぷらやフライに。茶わん蒸しやオムレツに入れても、パンにのせてトースターで焼いても。そのままでも。何かと重宝するチーズです。

また、弊社で初の販売となる「茶臼岳(ちゃうすだけ)」もお勧めです。栃木県那須の「今牧場」の高橋さんが作る地元の山の名をつけたシェーブル(ヤギチーズ)。ALL JAPANナチュラルチーズコンテストでも金賞を受賞した評価の高いチーズです。今が旬となります。爽やかな酸味をお楽しみ下さい。
その他、伊勢昇平さんが作る「江丹別の青いチーズ」(ブルーチーズ)やイタリア人が北海道のミルクで作るファットリアビオ北海道の「ブッラータ」も新登場。共に希少なチーズです。

全てご試食いただけます。お待ちしています♪



2016/7/24
池袋西武のイタリア食材のフェアに出店中です。国産イタリア系チーズを集めて販売していますが、白糠酪恵舎(しらぬからくけいしゃ)の「リコッタ」が大人気です。

リコッタは「二度煮る」という意味で、チーズ製造の際に出てくる水分(ホエー)を煮返してふわふわと浮いてきたものをすくったものです。ほのかなミルクの甘みとふんわりした食感は誰からも愛される味わい。 お菓子作りに。ジャムやはちみつをかけてデザートに。そのまま塩、胡椒を振って。 またスモークサーモンや生ハムに添えても。わさび醤油にアサツキ、ゆずポン酢などと合わせても本当においしいです。是非、お買いになったらお早めにお召し上がりください。



2016/7/15
立川伊勢丹地下で1週間の催事がスタートしました。
13日から全館セールがスタートし地下も賑わっています。

弊社は2度目の出店となり、まだリピーターさんも殆どおらず少し寂しい感じですが、国産手作りチーズを少しでも知ってもらえれば!との気持ちで頑張っています。20日からは日本橋高島屋と池袋西武の地下催事もスタート。池袋西武は初出店ですが、イタリアフェアでイタリア系国産チーズを集めて販売します。
イタリア系チーズと言えば、釧路の「白糠(しらぬか)酪恵舎」さん。こちらのチーズは8種販売します。勿論、モッツァレラやリコッタも!ゴルゴンゾーラ系の人気の「きまぐれブルー」や「カチョカバロ」も販売。是非お立ち寄り下さい。



2016/6/29
先日、那須を訪ねました。

那須高原今牧場の高橋ゆかりさんが、フランスのチーズ協会より「ギャルド・エ・ジュレ」という称号を授与され、祝賀パーティー参加のためです。こちらはチーズ製造の優れた技術と将来性に対して授与される賞で、受賞者は日本国内で数名しかいないそうです。

69年前にゆかりさんのお爺さまが那須の地に入植したそうですが、ゆかりさんは美味しいチーズを作るため、北海道やイタリアで修行を積みチーズ一筋、今日にいたります。
パーティーでは、ゆかりさんが地元の方に愛され、ご家族に守られ、愛情いっぱいの中で美味しいチーズを作られていることがわかりました。ゆかりさん、これからも頑張ってください!
また今回初めて知りましたが、那須塩原は生乳生産量が本州一だそうです。美味しいミルクがあってこその美味しいチーズですね。










2016/6/20
昨日、あるイベントで「十勝野フロマージュ」の商品をご紹介しました。
代表商品の「ブリ・ド・トカチ」をカットせずにホールのままDISPLAYしたところ多くのお客様が興味深そうにご覧になられていました。直径30cmの大型チーズ。

こちらのチーズ、2008年洞爺湖サミットでは来賓に提供され、ALL JAPANナチュラルチーズコンテストでも「農林大臣審査員局長賞」を受賞した評価の高いチーズ。 フランスの「ブリ・ド・モー」(英語で「モー村のブリーチーズ」の意)というチーズをもじったネーミングです。「十勝のブリーチーズ」というわけです。 白カビが、まるでチーズに積もった粉雪のよう...。ナイフを入れるのがもったいないような...ずっと見ていたい位の美しさ!
はちみつをかけたり、バゲットに挟んでもおいしく。熟成の若いうちはシャンパンや白ワインと、熟成したら熟成感ある赤ワインと楽しんでいただきたいチーズです。




2016/6/2
日本橋三越の北海道フェアがスタートしました。 チラシ広告を手に「このチーズほしいのですが...」と掲載チーズの「雪花」をお目当てにいらしたお客様がたくさん!チラシ効果はすごいです。ご試食されたお客様の殆どが「おいしい!」とご購入くださいました。

また、先回ご紹介した共働学舎の「シントコ」は初日で完売しました。今後入荷ができないチーズは共働学舎の「ラクレット」、ニセコチーズ工房の「二世古マルセラン」です。後者は賞味期限近くまで待って召し上がっていただくとマイルドさ、口どけ感が増し更においしくなります。
6月1日から日本航空国際線ファーストクラスでの提供が始まりました。残りわずかです。
ご興味がある方は是非ご試食にいらしてください。



2016/5/29

6月1日から日本橋三越で北海道物産店が始まります。初出店となります。

今回限定品でご紹介するのが、ニセコチーズ工房の「ニセコ 雪花【sekka】」と共働学舎の「シントコ」です。「雪花」はTVや雑誌でも取り上げられる話題のチーズです。味付けしたドライフルーツがちりばめられたデザートチーズ。美しい外観が人目を引き、多くのお客様が「これは何?チーズなの?」と驚かれます。「雪花」という名前ではありますが、今の季節ではカラフルな「紫陽花」を想像する方も多いのではないでしょうか?チラシ広告掲載品で1日30個限定です。

また共働学舎の「シントコ」は入荷数30の希少なチーズ。2015年の放牧時期の青草を自由に食べた牛(ブラウンスイス種)の搾りたてのミルクから作った1年熟成のチーズ。ナッツのような風味が感じられる濃厚なチーズです。 直径60cm、重量35Kgの大型チーズをカットしています。
6月1日~6月6日、日本橋三越本館7階でお待ちしています!



2016/5/15

GWあたりは北海道物産展やデパートの地下催事が相次ぎましたが、ひと段落。フロマージュ・ドールのブースにお立ち寄りいただいたお客様、ありがとうございました。

さて、先日ちょっとしたパーティーでお皿に並べたチーズをご紹介します。
盛りすぎですね~!すべて北海道の手作りチーズです。
時計回りに
・緑色のチーズは「よもぎのモッツァレラ」(夢民舎)←もちもちの食感によもぎの香りがたまりません
・白カビチーズは「おいしいカマンベール」(十勝野フロマージュ)←蜂蜜とも合いました。
・燻製チーズは「スカモルツァ・アフミカータ」(白糠酪恵舎)←モッツァレラ
を乾燥させたものを燻製にしています。病み付きになる美味しさ。ビールにぴったり。
・オレンジ色のチーズは「二世古 椛【momiji】」(ニセコチーズ工房)
 ←甘味がほのかに感じられる熟成感あるチーズ(ミモレットの製法です)。日本酒にぴったり。
・クラッシュしてあるチーズは「酪佳(らくか)」(さらべつチーズ工房)  ←コクと旨みで1番人気でした。
・色の薄い方のブルーチーズは「くろまつないブルーチーズ」(トワ・ヴェール)← 賞味期限ぎりぎりのところは香りも旨みも出ており、赤ワインとぴったり
・グリッシー二を挟んで、色の濃い方のブルーチーズは「きまぐれブルー」(さらべつチーズ工房)  濃厚な味わいなので、フルボディーの赤に負けていません。ほんの少しで満足感!


皆、好きなアルコールと共に楽しんでいらっしゃいました♪

さて、6月1日から日本橋三越の北海道物産展がスタート!初出店です。 今から販売がとても楽しみです。



2016/4/24

日本橋高島屋の地下催事「春のグランデリシャスフェア」も残すところ後3日。

先回ご紹介した、春を告げる山羊のチーズ「十勝シェーブル・炭」もご好評をいただいています。

そして今回初めての販売となるのが、オホーツク海に面したおこっぺ町の「ノースプレインファーム」の「おこっぺ有機モッツァレラチーズ」。
農薬や化学肥料を使わない牧草を食べた牛のミルクから作られる有機JAS認証を受けたモッツァレラチーズです。優しいミルキーな味わいとモッツァレラならではの歯ごたえでお客様にご好評をいただきましたが、即日完売してしまいました。

ご購入された方はどのように召し上がっていらっしゃるのでしょうか...。
オリーブオイルと塩を振って?
トマトとバジルとあわせてカプレーゼに?
ピザに?パスタに?


お豆腐のようにみたてて、浅葱やおかかと共にお醤油やポン酢で食べるのも 意外な美味しさでお勧めです


2016/4/5
本日で浅草松屋地下催事が終了。 お立ち寄りいただいた皆様、本当にありがとうございました。

4月4日神楽坂のアグネスホテルで「ギルド・デ・フロマジェ」(フランス熟成士組合がチーズ製造、熟成、販売等に貢献のあったチーズの専門家に与える)叙勲式が行われました。

弊社が取り扱う「さらべつチーズ工房」の野矢敏章さんや「十勝野フロマージュ」の赤部紀夫さんも今回受賞されました。
お二人とも長年、チーズ製造に情熱的に真摯に取組み、私たちに手作りのナチュラルチーズの美味しさを伝え、チーズ製造技術の伝承に貢献されています。

感謝とともに、心からおめでとうをお伝えいしたいとおもます。 野矢さん、赤部さん、これからも安心・安全の美味しいチーズをよろしくお願いします!


2016/4/1
浅草は多くの観光客で大変賑わっています。外国人カップルが和服で観光人力車を楽しんだり、スカイツリーをバックに家族で記念撮影をしたり、桜の季節の浅草は皆をウキウキさせてくれます。

さてお勧めの「さくらのアフィネ」は2日間で完売。「さくら」も残り僅かです。昨日は外国人の方が「なんてかわいいチーズ!」と「さくら」をご購入下さいました。

酸味感じる優しい味わいと香りをお届けします。

現在日本航空国際線のファーストクラスで提供されているチーズです。

↑ PAGE TOP